クレジットカード現金化は危険?

クレジットカード現金化は審査が不要で簡単に利用できるなど、消費者金融にはないメリットを持っています。業者によっては、即日の入金に対応していることもあります。しかし、悪質な業者があるのではないか、と不安を持っている方もいるのではないでしょうか。
■悪質な業者とのトラブル
クレジットカード現金化を利用し、トラブルになったりするケースも少なからずあります。悪質とも言える業者が存在するためで、情報漏洩やカードの悪用など、トラブルに見舞われることもゼロではありません。
■個人情報が漏れ出すリスク
特に多いのは個人情報の漏えいです。申し込み時に電話番号などの連絡先、住所や氏名などを提出する必要がありますが、業者がこれらの収集を目的としていることもあります。
■カード番号を悪用される可能性
また、クレジットカード現金化を行う都合上、業者にカード番号を教えないといけないのが欠点とも言えます。カード番号が漏れ出し、悪用されてしまうリスクもあります。最悪カード番号変更などのトラブルに見舞われるため、悪質な業者は絶対利用しないことが重要です。
■絶対に危険とは言い切れない
しかし、クレジットカード現金化は決して危険・悪質な業者ばかりとは言えません。優良な業者のほうが圧倒的に多く、必ずしもトラブルに遭うとは限らないのです。
例えば個人情報の保護指針をしっかり明示している業者や、クレジットカードの決済代行を導入している業者などがあります。安心して利用できるよう、還元率を事前に明示しているなど、細かな点に配慮した業者もあるため、トラブルに巻き込まれる可能性は低いと言えます。
■優良か否かが重要
クレジットカード現金化を行う場合、安心して利用できる優良な業者を選びましょう。評判の悪い業者はなるべく避け、口コミなどで支持されている業者を選ぶことが重要です。最低でも利用規約や還元率、入金までのスピードはチェックし、変だと思ったら他の業者を選ぶことをおすすめします。

関連記事