クレジットカード現金化のトラブル回避法について

クレジットカード現金化は素人で初めて利用する人はトラブルなども想定した上で利用したほうがいでしょう。想定しておかなければあとでトラブルに大きく発展してしまう恐れもありますので注意が必要です。リスク管理をした上で利用しましょう。
■個人情報の悪用について
クレジットカード現金化を利用する際は業者の中には優良な業者もいれば悪徳な業者もいます。その中で個人情報を悪用するような悪質な業者もいるのです。悪徳業者は闇金などとつながっていてそこで知り得た個人情報を横流ししている可能性があります。もしこれまでこなかった闇金からのダイレクトメールが届くようになったら怪しんだほうがいいでしょう。しかしダイレクトメールくらいならいいのですが、クレジットカードを不正利用されることもありますので注意が必要です。個人情報の取り扱いはクレカ現金化業者を利用する場合でも慎重に取り扱いましょう。
■クレジットカードの利用停止
クレカ現金化をしたことやクレジットカード会社の利用規約に反した行為をした場合は、それがクレジットカード会社に発覚してしまうとクレジットカードの利用停止になります。利用停止だけでなく退会処分を受けることもありますので注意が必要です。クレカ現金化をした時点で発生するリスクですので、これは避けようがないのですが、それでも利用する場合には、少しでも発覚されないような優良な業者を選んだほうがいいのかもしれません。
■詐欺で告発される
利用した時点で発生してしまうのでクレカ現金化を利用しないことだけが回避する方法になるのですが、利用した人がこれまでに詐欺で告発されたことはありません。ですがクレジットカード会社のショッピング枠を騙して現金化しているという点では詐欺に当たるかも知れない行為です。そのことは理解しておきましょう。
クレジットカード現金化でトラブルを避けるためには最初の段階でこうした細かなことではありますが丁寧に紐解いていくことが重要なことではないでしょうか。

関連記事