現金化について注意

クレジットカード現金化は、今は手元にない現金を作りだす方法です。借金ともいえます。借金である以上は、それなりのリスクを覚悟してください。ショッピング枠現金化という特殊な方法でもあり、さまざまな注意点を知っておくべきですので、ご説明します。規約違反にも触れかねないグレーゾーンですから、くれぐれもそのことをお忘れなく。
■現金化のための利用は規約違反
クレジットカードにも、あたりまえですが会員規約があります。ショッピング枠現金化がグレーゾーンなのは、買ったあとの商品の使い道は購入者が決めますから転売のために現金化しているかなどの判断がむずかしいからです。還元率の高い商品や、おなじ商品をいくつも買った履歴があれば怪しいと判断されて最悪の場合にはクレジットカードの利用停止もあり得ます。
クレジットカードが利用停止になれば、買い物が不便になるでしょう。新しいクレジットカードを作りたくても過去の履歴から判断されて審査で落とされる可能性も高くなるかもしれません。悪質な業者とのやりとりで失敗すれば、個人情報をとられたり詐欺に遭うことも考えられます。もっと危ない犯罪やトラブルに巻き込まれないとも限りません。
■あくまで借金だから後がツライ
クレジットカード現金化でお金を得られたとしても、それは返さなくてはいけない借金です。キャッシングで足りなかった分をムリに引きだした過剰な借金でもあるのです。ショッピング枠現金化する前に、きちんと返す予定を立てて計画的に利用してください。支払いの時期になれば、大金を返すことになるのですからストレスも大きいでしょう。
返せないお金をクレジットカード現金化でまた作っても状況はあまり良くなりませんし、何回もしているとクレジットカード会社に目をつけられて規約違反で利用停止へまっしぐらです。長引けばツライだけでしょう。返済までの期間に、元の悩みを解決することを考えてください。
■くれぐれもご利用は計画的に
クレジットカード現金化には、多くのリスクもあるとご理解いただけたでしょうか。違法ではなくともグレーゾーン、クレジットカード会社は利用規約においてショッピング枠現金化を禁止しており、業者には悪質なところもあるといったリスクです。どうしてもすぐに現金が必要という人が、これらすべてを覚悟したうえでご利用ください。

クレジットカード現金化は危険?

クレジットカード現金化は審査が不要で簡単に利用できるなど、消費者金融にはないメリットを持っています。業者によっては、即日の入金に対応していることもあります。しかし、悪質な業者があるのではないか、と不安を持っている方もいるのではないでしょうか。
■悪質な業者とのトラブル
クレジットカード現金化を利用し、トラブルになったりするケースも少なからずあります。悪質とも言える業者が存在するためで、情報漏洩やカードの悪用など、トラブルに見舞われることもゼロではありません。
■個人情報が漏れ出すリスク
特に多いのは個人情報の漏えいです。申し込み時に電話番号などの連絡先、住所や氏名などを提出する必要がありますが、業者がこれらの収集を目的としていることもあります。
■カード番号を悪用される可能性
また、クレジットカード現金化を行う都合上、業者にカード番号を教えないといけないのが欠点とも言えます。カード番号が漏れ出し、悪用されてしまうリスクもあります。最悪カード番号変更などのトラブルに見舞われるため、悪質な業者は絶対利用しないことが重要です。
■絶対に危険とは言い切れない
しかし、クレジットカード現金化は決して危険・悪質な業者ばかりとは言えません。優良な業者のほうが圧倒的に多く、必ずしもトラブルに遭うとは限らないのです。
例えば個人情報の保護指針をしっかり明示している業者や、クレジットカードの決済代行を導入している業者などがあります。安心して利用できるよう、還元率を事前に明示しているなど、細かな点に配慮した業者もあるため、トラブルに巻き込まれる可能性は低いと言えます。
■優良か否かが重要
クレジットカード現金化を行う場合、安心して利用できる優良な業者を選びましょう。評判の悪い業者はなるべく避け、口コミなどで支持されている業者を選ぶことが重要です。最低でも利用規約や還元率、入金までのスピードはチェックし、変だと思ったら他の業者を選ぶことをおすすめします。

クレジットカード現金化のトラブル回避法について

クレジットカード現金化は素人で初めて利用する人はトラブルなども想定した上で利用したほうがいでしょう。想定しておかなければあとでトラブルに大きく発展してしまう恐れもありますので注意が必要です。リスク管理をした上で利用しましょう。
■個人情報の悪用について
クレジットカード現金化を利用する際は業者の中には優良な業者もいれば悪徳な業者もいます。その中で個人情報を悪用するような悪質な業者もいるのです。悪徳業者は闇金などとつながっていてそこで知り得た個人情報を横流ししている可能性があります。もしこれまでこなかった闇金からのダイレクトメールが届くようになったら怪しんだほうがいいでしょう。しかしダイレクトメールくらいならいいのですが、クレジットカードを不正利用されることもありますので注意が必要です。個人情報の取り扱いはクレカ現金化業者を利用する場合でも慎重に取り扱いましょう。
■クレジットカードの利用停止
クレカ現金化をしたことやクレジットカード会社の利用規約に反した行為をした場合は、それがクレジットカード会社に発覚してしまうとクレジットカードの利用停止になります。利用停止だけでなく退会処分を受けることもありますので注意が必要です。クレカ現金化をした時点で発生するリスクですので、これは避けようがないのですが、それでも利用する場合には、少しでも発覚されないような優良な業者を選んだほうがいいのかもしれません。
■詐欺で告発される
利用した時点で発生してしまうのでクレカ現金化を利用しないことだけが回避する方法になるのですが、利用した人がこれまでに詐欺で告発されたことはありません。ですがクレジットカード会社のショッピング枠を騙して現金化しているという点では詐欺に当たるかも知れない行為です。そのことは理解しておきましょう。
クレジットカード現金化でトラブルを避けるためには最初の段階でこうした細かなことではありますが丁寧に紐解いていくことが重要なことではないでしょうか。